人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

保険相談会   

23年9月26日

本日は事務局において「保険相談会」が開催されました。

講師は、みつくらエージェンシーオフイスの平林 清志氏でした。

この平林氏とはある場所で縁があり、お付き合いをさせていただく事に
そのご縁とは「長野県人会」でお会いしました。
紹介の中で「更埴市」と言われた事から懐かしさのあまり私のほうからお声をかけました。なぜか?と言いますと、私が子供の頃すんでいた隣町でしたから、子供の頃買い物に行く時や子供同士で遊びに行く事や、昔でしたから映画館もその町にしかなく、青春時代を過ごした町でした。

それがきっかけで素晴らしい人材の平林氏と出会え、今ではみずほにとって色々な事をお世話してくださっています。事務局での収入も何かないかしら?と相談しましたらお顔が広く、色々なアドバイスをして、商品販売も協力してくださっています。
お世話になっています、いつもありがとうございます。

by kazukimamay | 2011-09-26 23:46 | 今日の出来事

あすか10周年記念講演会   

23年9月23日(金・秋分の日)

本日は奈良県まで行ってきました

奈良脳外傷友の会あすか設立10周年記念式典に出席しました。
当日は9時に新幹線で京都まで、京都から近鉄線に乗り換え奈良まで

奈良駅にはワークハウスみかんやまの施設長でもある元副理事のお友達が迎えに来てくれていました。彼女とは昨年の全国大会で大変お世話になりました「福がござった」の販売を引き受けてくれた大変親切な優しい女性です。
お昼は彼女お勧めの「釜飯」を食べに行きました。
そこのお店の素晴らしかった事!
普通の家を改装して、もちろん最初から趣のある素敵な和風お屋敷でしたが・・・
a0058130_731398.jpg

奈良では言わずとしれた釜めし屋だそうです。
注文を受けてから作るので時間は30分かかります。少ない時間の中で予約をしていただき助かりました。味は薄味でしたが、しっかりおこげができており、お店推奨の食べ方を守ればおこげも堅くならず、最後までおいしく食べられます。私たちは時間も無くふたを閉めずにいたので、おこげが最後に少し取れませんでしたが、とても雰囲気の良い落着いたお店でした。

12時半からの式典にはセーフ(*^▽^*)
調度10年前にも立ち上がりのときに私はあすかへ伺いましたが
当時から10年間少ない役員さんたちでとても頑張ってこられましたね
昨年は全国大会の会場ともなり、ご苦労されたばかりでしたが、2年も続いて大きなイベントを開催する事は本当に大変な事と思います、ご苦労様でしたね。
a0058130_7393266.jpg

式典が終わってから講演会が始まりましたが、昨年の愛知の高次脳機能障害リハビリテーション講習会の講師でもありました「先崎章先生」の講演会でした。
「奈良・高次脳機能障害リハビリテーション講習会」
a0058130_740479.jpg

「社会的行動障害へのアプローチ」と題して1時間半の講演でした。
先生のお話はとても分かりやすく、昨年の愛知と同じような内容でしたがしっかりと勉強をさせていただきました。ありがとうございました。

by kazukimamay | 2011-09-23 23:08 | 今日の出来事

サークルフレンズ10周年記念講演   

23年9月4日(日曜日)

本日は愛知県瀬戸市で活動している「低酸素脳症・家族会・サークルフレンズ」の10周年記念講演会が開催されました。
a0058130_22363565.jpg

昨日の台風の影響が雨/風と激しく、バス停に行くまでも傘がさせない状態でした。
結局車で瀬戸まで行くことにしました。10時40分に家を出かけましたが下道を走ったので2時間ほどかかりました。愛知県の港・中川と外れから、名東区を通り越して瀬戸まで・・・端から端まで走った気がしました。それもワイパーが前回の強さで。

会場には台風にもかかわらず大勢の家族や専門家などが見えていました。
本日の講師はみずほ新理事長の吉川先生が「ともに生きる」と題して2時間の講演をしてくださいました。講演の中では3月の東日本の災害時の写真も何枚かいれて、緊急時の障害者の支援方法や、行政の避難場所、権利条約の中にも新しく条例ができたこと、など結構難しい演題でした。
a0058130_2237883.jpg

この中でもいくつか分かりやすく説明してくださり、また、インターネットでの検索もすることを進めてくれました。このあと少し頭を使ってみようかと・・・

難しい権利条約や改正障害者基本法を勉強(私には学生時代のように思えました)その後の演題は「高次脳機能障害の理解」特に「脳の動き」の説明の中に☆よく生きていく、☆上手く生きていく、☆たくましく生きていく、☆生きている、という脳の動きの部位を説明してくださり、ほとんどが前頭葉の部分が壊れてしまうと見る、聞く、話す、食べる、感情、遂行、欲、と人間として一番大事な部分に支障がでてしまい大変困難な生活を送る羽目になってしまうことが分かりました。
もちろん、先生の説明を聞くまでもなく我が家にもこの障害をもった息子がいますので、何度も何度も色々な体験をしています。経験の中から一つづつの学習の積み重ねで支援も楽になってきましたが。
本日は東京の「サークルエコー」のTさんも来ていました。彼女の息子さんの事故も19年前になります、年齢も我が家の息子と全く一緒です。懇親会の前に彼女のミニ後援も少し聞くことができ、オーストラリア、ニュージーランド、スウェーデン、アメリカ、日本の脳損傷の取り組みも写真で見せていただく事ができ、日本との比較も垣間見る事ができました。
a0058130_22373684.jpg

最後にサークルフレンズのご好意により懇親会に参加させていただきました。
ここでは本日の参加者の皆さんの近況報告と、今後の情報交換の場ともなりました。
豊田会長さんお疲れ様でした、役員の皆様ご苦労様でした、今後とも宜しくお願い致します。
a0058130_22375755.jpg

by kazukimamay | 2011-09-04 22:31 | 今日の出来事

なるほど納得!   

23年9月3日(土曜日)

本日は朝日ホールにおいて「なるほど納得!」講演会が開催されました。
時間は午後1時より4時半まででした。
あいにくの台風の影響で風が強く、時々雨が降りました
また、帰りの時間には電車の都合もありまして早めに終了しました

講師は「クラブハウスすてっぷなな」野々垣睦美所長さんです。
a0058130_19525622.jpg


言葉に大変強さが感じられ、自分の職業に自信を持ってるなぁと感じました。
クラブハウスすてっぷななは平成16年4月に開設、運営母体は日本脳外傷友の会ななです。又この作業所は40歳以下の高次脳機能障害者のみの支援です。
障害者手帳や障害程度区分に関係なく「高次脳機能障害」の診断があれば利用が可能だそうです。おもに、就労の基礎的能力・職業準備訓練を行っています。また、平成22年4月から横浜市との業務委託契約で「自立生活アシスタント事業」も開設、高次脳機能障害に特化した施設ということです。
本日は台風が接近しているにも関わらず、支援専門家の方々が大勢参加していました。
a0058130_2024425.jpg

印象深く耳を傾けたのは「ピアカウンセリングの大切さ」でした。
もちろん家族が一番だと思いますが、作業所の支援者にも頭から課題を押し付けるのではなく、当事者にも時間を与えてきっかけを作ってあげる方法、過去にできた事を掘り起こすのではなく、得意な今できる事をサポートする事が望ましいとお話されていたことです。

by kazukimamay | 2011-09-03 20:09 | 今日の出来事